top of page

固定ギアで峠を走る。

更新日:2023年6月3日

7月、ギア比2.7のシングルバイクで、別府⇄九重、距離130km、獲得標高3200mのルートを走って、根性を鍛えてきました。

アルミトラックフレームで固定ギアにしてアップダウンの多いルートを走ると地面からの衝撃、振動で体が疲弊します。カーボンパーツを使用することで衝撃を軽減できます。

ビブショーツは、Cadence Collection Adventure Bib を着用。

太ももところにポケットが付いてます。

携帯、工具、エナジバーを入れていても、走行中一切気にならなかった。

これからビブショーツを購入する方は、ポケット付きビブショーツを選ぶことをお勧めします。

このビブショーツは背中にもポケットが付いていて、自転車にバッグを装着せずに走りたい人や、サイクルウェアを着ずにTシャツで走りたい人には、背中のポケットがとても重宝しそう。

ヘルメットは、ABUS Airbrakerを着用。

200gと超軽量で、フィッティング、通気性抜群の上位モデルヘルメット。

頭頂部の網網のところに水をぶっかけると、長時間の冷却効果が得られる。

軽量ヘルメットは首への負担が少なく、より快適にサイクリングを楽しむ為にとてもおすすめです。その他、装備品、ルート、サイクリングの画像はこちらです。


装備やサイクリングルートについて、興味ございましたら、気軽にお問い合わせください。




閲覧数:450回0件のコメント

最新記事

すべて表示

Comentários


bottom of page